福岡のドローンショップ 「飯塚モデル」- DJI正規代理店

Wookong-M マルチコプター用GPS制御装置

型番 wk-m
販売価格 129,600円(内税)
購入数
製品紹介
内蔵ジンバル安定化機能 このジンバル安定化機能は、多くの2軸ジンバルシステムに互換しています。
最初のパラメータの設定後、このシステムは機体の姿勢に応じてカメラを調整します。ジンバルサーボ出力周波数の範囲は、400hz, 200hz, 100hz, 50hzであり、高い周波数の出力により、さらに効率的な調整を行います。同時にジンバルサーボのロールおよびピッチ限界を90゚まで拡大しています。

9種類のマルチローターおよびカスタマイズ済みモーターミキサー 9つの従来型モーターミキサーをサポートしています:
Quad I, Quad X
Hexa I, Hexa V, Hexa Y, Hexa IY
Octo X, Octo I, Octo V
シンプルな構成、簡単な取り付け、安定した性能である商業および工業マルチロータープラットフォームを目標としたUASです。

内蔵ジンバル安定化機能 このジンバル安定化機能は、多くの2軸ジンバルシステムに互換しています。
最初のパラメータの設定後、このシステムは機体の姿勢に応じてカメラを調整します。ジンバルサーボ出力周波数の範囲は、400hz, 200hz, 100hz, 50hzであり、高い周波数の出力により、さらに効率的な調整を行います。同時にジンバルサーボのロールおよびピッチ限界を90゚まで拡大しています。

iPadグランドコントロールステーション(GCS)のサポート Wookong-M GCS は現在iPad(iPad3, iPad4, iPad mini)をサポートしており、必要なのはBluetoothデータリンクおよびBTUモジュールへのプラグインだけです。長いケーブルを必要とせずに、iPadでゲームをするようにお使いのGround Stationによる機体のコントロールが可能です。

スマートフォン用新型アシスタントソフトウェア WooKong-Mは現在iPhone4s, iPhone5, iPad3, iPad4, iPadmini, iPod5向けアシスタントソフトウェアを提供しています。より簡単かつ便利な内蔵BluetoothモジュールのLEDインジケータを使うだけで、お使いのモバイルデバイスからいつでもパラメータの調整が可能です。低電力Bluetoothを使用して、お使いのモバイルデバイスの電力消費量を最小化します。操作が簡単であり、最後に接続した記録を自動的に保存します。パスワードメカニズムにより安全なリンクを確保し、パラメータは自動的にクラウドサーバへ同期することができ、お使いのモバイルデバイスを変更するとすぐに保存できます。

Futaba S-bus 受信機のサポート ほぼすべての無線PCMまたは2.4Ghzに互換。

電源モニタリングユニット 電源サポートシステムの高電力消費問題を解決するためWKMのために特別に設計されました。WKMシステム全体と受信機向けの2つの個別電源出力、1つのバッテリー電圧モニター、および2つのCAN-Busインターフェースが付いています。

内蔵ダンパー 本体の小型化と軽量化により、様々な機体サイズでも狭いスペースで取り付けが簡単です。

正確な位置および高度保持 WKMにより、マルチローターは風の強い状況でも位置と高度を固定し、水平2m未満、垂直0.5未満での正確なホバリングを可能としています。

高い正確性と操縦感覚 WKMにより、マルチローターのフライトは自動車の運転と同じくらい簡単になります。パイロットはマルチローターの制御ストレスから解放され、フライトだけに集中することなく、カメラアングルなどのその他のタスクへさらに注意を配ることができます。

モーターのアーム/ディスアームモード 1. モーターを起動します: WKMを使用している場合、離陸前にスロットルスティックを押してもモーターは起動しません。モーターを起動させるには4つあるこ日ネーションスティックコマンド(CSC)のいずれかを実行する必要があります。

2. モーターを停止します: モーターを停止するオプションには、イミディエイトモードとインテリジェントモードの2つがあります。
イミディエイトモード: このモードを使用することで、あらゆるコントロールモードで、モーターが始動し、スロットルスティックが10%を超えた後、スロットルスティックが再び10%未満になると、モーターはすぐに停止します。この場合、モーター停止後5秒以内にスロットルスティックを10%超になるまで押すと、モーターは再起動します。CSCは必要ありません。モーターが起動した後3秒以内にスロットルスティックを押さない場合、モーターは自動的に停止します。
インテリジェントモード: このモードを使用することで、異なるコントロールモードではモーターの停止方法が変わります。マニュアルモードでは、CSCの実行だけでモーターを停止させることができます。姿勢またはGPS姿勢モードでは、左記の4つの場合いずれかでモーターが停止します:


ポイントオブインタレスト(POI) 新機能のポイントオブインタレストは、GPS信号が良好な場合、ユーザーがリモコンのプリセットスイッチを使用して航空機の現在位置をポイントオブインタレストとして記録することを可能とします。ロールの指示が与えられると、航空機は半径5mから500mの範囲内で機首をそのポイントに向けポイントオブインタレストの周りを旋回します。この機能は簡単に設定し操作することができ、一定観測点からの全方位撮影に最適です。

送信機のRTHスイッチ フェールセーフRTH機能に加え、WooKong-Mには現在、送信機のRTHスイッチの新機能が付いています。フェールセーフモードへ切り替える必要はありません。

IOSD MARK II のサポート WooKong-Mは現在、iOSD MARK IIをサポートしています。これにより、間違いなく、素晴らしいフライト性能が実現されます。DJIの歴史があり信頼をおける情報統合技術の蓄積により、iOSD MARK IIは限りなく最短の時間で、もっとも正確な第一次フライトデータ情報を手に入れることができます。

インテリジェントオリエンテーションコントロール(IOC) 通常、フライトしているマルチローターの前進方向は機首方向と同じですが、インテリジェントオリエンテーションコントロール(IOC)を使うと、機首がどの方向を向いても前進方向は機首の向きとは関係がなくなります。

コースロックフライトでは、前進方向は記録された機首方向と同じになります。
ホームロックフライト時には、前進方向はホームポイントからマルチローターへの方向と同じになります。

強化されたフェールセーフと自動帰還/着陸 強化されたフェールセーフは、マルチローターがRC信号を喪失した場合、ジオウ的にホバリングする機能です。一定時間信号を喪失すると、WKMはヘリコプターをホームポジションへ帰還させるのに最も安全な経路を計算します。ヘリコプターはお使いのGPSスタートポイントでホバリングを行い、自動的に着陸します。この機能により、プラットフォーム上の高価な積載物や機材の安全性を確保することができます。

マルチローターワンパワーアウトプットフェイルプロテクション 多くの場合、不均衡な機械構造と外部環境により、電源出力なしでマルチローター全体は正しい姿勢を保持し、フレームアーム周辺を回転します。回転は積載量や外部環境を主な原因として発生します。積載物がさらに重い場合、回転スピードは速くなります。回転中、ヘキサローターの物理構造によりラダーはコントロールできない状態になる可能性があります。WooKong-Mの姿勢またはGPSモードの人為的エラー保護機能により、いずれか一方の電源出力が行われていない状況下でも姿勢を制御し、衝突リスクを大幅に減少させます。

2段階定電圧保護および自動帰還 低電圧を原因とする、お使いのマルチローターの衝突またはその他の悪影響を避けるため、2段階の定電圧保護を設計しました。この機能を使用しない選択はできますが、2段階保護のいずれにも初期設定でLEDによる警告機能が付いています。最初の段階は黄色の点滅が継続的に起こり、次の段階では赤色の点滅が継続的に起こります。定電圧保護による帰還および着陸と、強化されたフェールセーフによる帰還および着陸を比較すると、ホームロケーションの生成と帰還ルトは同じです。異なる点は、定電圧保護では着陸前にホバリングを行わない点です。

Ground Station コントロールシステムへのアップグレード WooKong-Mはお客様の高い要求を満足させる、より強力な無人プラットフォームである Ground Station へのアップグレードが可能です。

DJIプロフェッショナルデータリンクと最新のWooKong-M 5.26(xx現在)ファームウェアへのアップグレードが必要ですが、無料のGround Station機能はシリアル番号なしで利用でき、50個のウェイポイントが無料でサポートされます。3Dマップの他に、グランドコントロール機能として、ジョイスティック/キーボードコントロール、ワンキーにより離陸、クリックアンドゴー機能などが含まれています。
.................................................................................................................................................................................................................................. スペック